岡山に住んでるけど質問ある?

岡山に関するアレと関しないコレ

*

星神社(岡山市北区真星)

星神社(岡山市北区真星)
平成27年4月19日参拝。

星神社の御朱印

IMG_7277
事前に星神社に電話をしたところ、神職の方が近くの二宮鼓神社も兼ねているということで、二宮鼓神社で待ち合わせることにした。
星神社の拝殿内にて御朱印を頂きました。
場所柄、普段は無人の様子なので、事前に連絡した方が良さそうです。

星神社縁起

古、星神山の峰に突如雲降り、雷鳴響き山動揺し、ざわめく事五七日間にわたる後、常に山上に光芒あり。あたかも星の如し。人恐れて近づくものなし。陰陽師をして之を占なはしむるに、曰く、『三ツの星、三ツの磐落ちたり。そは甕速日命、天よりこの地に降臨されし御証なり。この神崇敬せばこの地永遠に繁栄すること疑いなし」と是により祭儀の基となる。その後人皇第四十代天武帝の御治世白鳳年間に宮を造営し星神明見大明神と称え氏神としておまつりし、地名を真星村と命名せりと伝えられる

星神社の祭神

甕速日命(ミカヤハビノミコト)

 古記に曰く、伊邪那岐命が伊都之尾羽張(イツノオハバリ)という十拳剣を抜きて迦具土神の顎を切り給いし時、御刀の本に着ける血が湯津石(ユヅイワ)むらにたばり着きて成りませる神といはれ故事にならいて思うに、この神、地上界に天降りまさんには必ず磐落ちて光り放つべし。故にそのご降臨の地として鎮め祀りしと 云々

 また、傍に並び鎮め祀る浮霊前角(ウキリョウゼンカク)社は甕速日命の別魂、及び、縁故の深い神をお祀りしてあると言われ、前角様を信仰すれば、火災、盗難、悪疫、その他の災禍を封じ、家内安全、子孫繁栄、諸願成就と、いわゆる除災招福の霊験あらたかな神として、氏子は元より遠近より信者の参拝者が多い

付記

星神社、本社玉垣内の、自然の巨大な石組みは稀に見る立派なもので、古代から祭祀の行なはれた場所(磐座・磐境)と確認でき、史家、文化財愛好家等の拝観者が多い。

調べてみた

「第四十代天武帝の御治世白鳳年間に宮を造営し」とあるので調べてみた。
ウィキペディアでは星神社の創建が奈良時代となっているが、天武天皇の在位期間は西暦673年から686年。
飛鳥時代になる。
「浮霊前角」という言葉を調べてみたが、該当するものなし。

星神社の場所

星神社所在地:岡山市北区真星1615


本数は少ないが、中鉄バスの真星停留所がある。大学生の自転車部が訪れることがあるようだが、車でのアクセスがお勧め。
72号線から星神社に続く道を入るとすぐ勾配の急な坂道があるが、Uターンする場所は用意されている。

公開日:
最終更新日:2016/07/11