岡山に住んでるけど質問ある?

岡山に関するアレと関しないコレ

*

化気神社(加賀郡吉備中央町案田)

化気神社(加賀郡吉備中央町案田)
旧字体で「化氣神社」ケギジンジャと読みます。

化気神社の御朱印

御朱印はない。

化気神社縁起

化気神社御祭神

伊奢沙和気(イザサワケ)尊
武甕槌(タケミカヅチ)尊
経津主(フツヌシ)尊
雨津児屋根(アメノコヤネ)尊
比賣(ヒメ)大神

化気神社由緒

崇神天皇の十年孝霊天皇の皇子大吉備津彦の命、四道将軍の一員として吉備の国に派遣、異母弟若日子建命と共に針間の国より本宮山の峰に来り賜此処に御食津神を祀り給ふ、此の頃宮の西方に当たり火柱沖する妖怪現はれ里人恐れ悩みけるときに、命遂に之を退治し給ひしにより、里人大いに喜び宮を建て之を祀り気比の宮と呼ぶ。越前国敦賀気比神社と同じく伊奢沙和気を祀り、後に化気神社と呼ぶ様になった。
其の後養老八年皇子西国の賊徒平定の為め西下の途上、備前牛窓に御仮泊、俄に御悩あり諸卿丹心をこめ御悩平癒賊平定を祈請せられ忽ち、長田の庄本宮山の峯より霊光牛窓の海上に映じ御加護奉賽のため、本宮山に行幸し給う。此の時??蔓々路を矢ひたるに、白鹿現れ教導し奉りしを以て是れ伊奢沙和気明神の霊顕なりと?祀り給う。更に元正天皇の御宇大和国添上郡春日明神四座武甕槌神、経津主神、雨津児屋根尊、比賣神を御移し神宝に「イザサ王」という丈「一尺八寸」四クサリの鹿の角を祀り伊奢沙和気神に春日四座を合せ五柱の御祭神を勧請せられたものなり。明治維新には社号と気喜神社と改称していたが、終戦後往古の化気神社に復活し現在に至っている。

化気神社の場所

化気神社所在地:加賀郡吉備中央町案田5


車でのアクセス。

公開日: