岡山に住んでるけど質問ある?

岡山に関するアレと関しないコレ

*

奉還町商店街にチャリで来たけど質問ある?

      2014/03/22

houkancho-2014-3chomesign

岡山市北区の奉還町商店街にチャリで行ってきました。西奉還町商店街(非公式)@west_hokanchoさんのつぶやきに反応してちょっと足を伸ばして、探検してみたのです。

奉還町商店街

奉還町商店街とは
岡山県岡山市北区奉還町周辺にある商店街である。
江戸時代は城下町外れの在郷町であったが、明治維新時に商店街が出来る。職を失った武士が、藩から与えられた奉還金を元手にこの地で商売を始めたのがその起源で名前もこのことに由来する。
Wikipediaより

奉還町の夜20時

houkancho-2014-pm2000
奉還町商店街に行った時間は夜の20時前でした。ほとんどのお店はシャッターを下ろしています。飲食店など、ごく少数のお店だけがお店をあけていました。人通りも数えるほどです。すぐそばにはJR岡山駅があるのですが、東口側と違って通り抜けに使うだけで、人気がありません。ちなみに夜の20時までは自転車に乗っての通り抜けは禁止です。

メガ盛りのお店

メガ盛りのお店が奉還町にあるということで、ちょうどお腹を空かせていた@okayama_amは記憶を頼りに大盛りで有名な、黒川食堂か、はぎわらを探すことにしました。

黒川食堂は数年振り、はぎわらは初めてになります。

…でも

…人間の記憶ってあてにならないものです。

奉還町で迷子になりました

はぎわら

岡山を代表する大盛りのお店、はぎわら。ここはまだ行ったことがないので、できるなら今日はこちらにチャレンジしたい、そう思いながら探しました。
houkancho-2014-hagiwarasign

はぎわらの看板を見つけた!
電気がついていないから、今日は営業を終わっているのか!

houkancho-2014-hagiwaraclose

はぎわら、2月末に閉店していました。

黒川食堂

houkancho-2014-kurokawa

カツ丼、デカ盛りで有名なお店の黒川食堂
以前食べに行ったことがあるにもかかわらず、記憶が不確かなため、探すのに苦労しました。

ですが、本日水曜日のため、定休日でした。
なおかつ、営業時間は夜の20時までということで、定休日でなくても、食べることは叶わなかったようです。
あらためてリベンジです。

ちなみに、黒川食堂の近くにあるアパートの道路に、不審な車がとまっていました。
こんな時間に、こんな場所でと、違和感を感じる車です。
運転席には、携帯電話を片手にもっている中年の男性、後部座席にはタバコを吸っている20歳ぐらいの若い女の子。

「あっ、ああ、デ○の送迎車」と察してしまったのは、別のお話。

その他

せっかく奉還町商店街に来たのだからと、いくつか、記念に写真を撮っておきました。
ただ、暗いので、今回撮影した写真は、わかりにくいです。

とりいくぐる

houkancho-2014-toriikuguru
ゲストハウスとラウンジのお店「とりいくぐる
岡山駅からなら、奉還町商店街のアーケードの中をまっすぐ進み、車が行き交う大きな道路を渡り、しばらく進むと左手にあります。鳥居があるのですぐにわかるかと思います。

やっち

houkancho-2014-yatch

コミュニティスペース「やっち
過去のスケジュールを見ると色々と興味深いものを企画しています。
場所は商店街より北側にあるから注意していないとわかりにくいです・

アトラス吉備寮

houkancho-2014-atlus
寮です。

岡山駅からなら商店街のアーケードの中を進み、大きな道路を渡る少し前の左手にあります。

伝統ありげな建物だったので撮りました(すっとぼけ)

岡山奉還町商店街に対して

昭和の風情がただよう商店街、奉還町商店街。
岡山駅東口や西口の再開発にとり残されたような一角がここにある。

私はこういった街が好きだ。

ただ、全国的にみて、商店街の衰退は、ほぼ避けられない事実だ。

死期が来るまでの日を延命治療でゆるゆると過ごしているように見える。

大型店の地方進出、深夜営業どころか24時間営業のスーパー、家にいながら購入できるネット通販。

近くに商店街と大型店があり、どちらかで購入するとしたら、合理的に考えれば大型店だ。

大型店には、店舗の清潔さ、熾烈な価格競争による商品の安さ、教育された接客マナーがある。奉還町商店街は正直に言うと、その点は負けている。

商店街を利用するとしたら、その近くに住んでいる、もしくは、働いているとか、そこにしかない特別なものがある、というような理由しかない。

今回アトラス吉備寮をとりあげたが、そこだってそこにしかない特別なものだ。

商店街はモノを売るより、モノではないもの、広い意味でのサービスを売るしかないのだと思う。

「ここに買い物に来て良かった」
「お父さんが子供の頃に好きだった懐かしいものがあったよ」
「お店の人が人情味があってまた買いたくなっちゃった」
「奉還町には隠れ家的なこんなお店があるんだよ」

今の商店街のままなら、老人の世代が退場すれば、きっと終わりを告げる。

しかし、新しい商店街のカタチは、奉還町でも色々なところに芽吹いている。若い世代の取り組みがこれから育っていくと思う。

昔あった百貨店や商店街の持っていた「ハレ」の空間

ワクワクする場所、それを求めたい。

再開発になってマンションやビルが建つよりも、リアルで買い物をしたくなる場所、そんな未来を期待する。

日時:2014年3月某日(水)
住所:岡山市北区奉還町


大きな地図で見る

連絡先:それぞれのお店にお問い合わせください

 - 行ってきた