岡山に住んでるけど質問ある?

岡山に関するアレと関しないコレ

*

吉備津彦神社の流鏑馬を見てきたけど質問ある?

      2016/07/12

2014-10-1090035
吉備津彦神社で行われた流鏑馬神事を見てきました。流鏑馬では、武者が馬に騎乗して疾走し、弓を引いて的に矢をあてます。
ちょうど先日、吉備津彦神社に参拝していたので、吉備津彦神社秋季例大祭があることを知りました。
以前、別の場所で流鏑馬を見たことがあったのですが、それは小さいころのお話。
都合さえあえば是非とも見てみたいと思っていました。
少なくとも室町時代から1000年以上続くという伝統ある神事です。吉備津彦神社での流鏑馬の場合、一回の疾走につき3射します。ちなみに岡山で流鏑馬があるのは、浅口市寄島町の大浦神社と久米郡美咲町の境神社の3社だけ。
にほんブログ村 岡山(市)情報

吉備津彦神社秋季例大祭

吉備津彦神社例大祭
2014年10月19日(日)
例大祭(社殿)10時~
流鏑馬神事(南北参道)11時15分~
吉備の国こども和太鼓(社殿北広場)13時30分~

吉備津彦神社のアクセスですが、JR備中一宮駅がすぐそばにあるので電車で来るか、自家用車で来るかになります。車の場合、広大な駐車場が一杯になるほど見に来た人の車でうまります。ただ別に駐車場を用意してあるので、問題はなさそうです。

例大祭

2014-10-1080930
私が10時の少し前に到着すると、神主の方たちが随神門の奥の階段から降りてきたところでした。
駐車場南のお祓い所です。正面右側に神主の方たち、左側におそらく氏子の方たちが対面して儀式が始まりました。
流鏑馬の撮影が目当ての方は、正面近くからカメラで撮れる場所を確保しているので、私は儀式を撮影してみました。
神職の方が着ている衣裳ですが、こういった例大祭に着る装束を正服 《せいふく》 と言うそうです。
階位によって色などが違います。

2014-10-3061拝殿に戻る神主さんたち。

2014-10-3064続いて、今回流鏑馬で騎乗する武者衣裳を着た乗り手たちと、子どもたち。

2014-10-3066

2014-10-3067拝殿の横からです。

2014-10-1080933拝殿の奥にある、祭文殿《さいもんでん》。ここで祭典や祈祷が行われる場所です。外からこっそり覗いてみました。

2014-10-1080973拝殿の手前から撮影しました。座っているのは氏子さん?たち。
2014-10-1080976

流鏑馬

2014-10-1080995お祓いを受けている、流鏑馬の馬。今回は3頭です。近くに馬運車が2台あったので、どこか別のところから連れてこられたようです。

2014-10-1080965流鏑馬は吉備津彦神社の南北参道の北から南に向かって、駆け抜けていきます。ここが出発地となる参道の北側です。参道の長さは約200メートル。この間に的が3つあります。この3つの的を順番に射っていきます。
ちなみに馬のスピードには基本的に3種類あって、常歩《なみあし》、速歩《はやあし》、駈歩《かけあし》とあり、駈歩は分速で340メートルの早さです。
その駈歩の状態で的を3回射ちながら駆け抜けます。


乗り手が騎乗する前にまずは馬の準備運動です。ひかれた馬たちが南北の参道を通り、神社の外をぐるりと半周して正面から太鼓橋を渡って随神門前まで戻って、さきほどの参道北側に進みます。

2014-10-1080958吉備津彦神社の南北参道の南側です。参道の北側からここまで一気に流鏑馬が駆け抜けてきます。この右側は流鏑馬の撮影にベストポジションらしく、早々とカメラ好きの方たちでひしめいています。みなさん一財産になりそうなカメラばかりです。


流鏑馬の試走がYoutubeに上がっていたので、お借りしました。

2014-10-1090017

2014-10-1090018

南北参道を南から北に戻っていく武者たち。馬に乗ったことがある方はおわかりだと思いますが、馬の上というのは、思った以上に視線が高いです。馬はよくボロ(馬糞)を落とすので、その場に待機している係の方が、箒で掃いて道を綺麗にしていきます。

2014-10-1090031
吉備津神社のすぐ近くにある備前一宮駅の看板を背にしている姿を撮りました。
流鏑馬神事は疾走する馬に乗りながら弓を引いて的に矢を当てなければなりません。馬に乗ることと弓矢を引くことの両方ができなくてはならず、更に的に当てるというその難易度の高さに、心境は緊張しているのか、それとも、落ち着いているのか…。
それにしても騎馬武者の凛々しいことと言ったら…。

流鏑馬の動画


流鏑馬の動画を随神門のあたりで撮っています。画面の右手に見える神池の島が亀島です。
私のような普通のコンデジ使いには、疾走する馬を格好良く撮るのは難しいです。そのため動画モードで撮りました。
動画の方がかえって、流鏑馬がどういったものなのか、どんな雰囲気なのか、どれだけ難しいかがわかると思います。毎年この時期にあるので、そのときには是非、流鏑馬を見に吉備津彦神社へ!

吉備津彦神社の場所

吉備津彦神社の所在地:岡山市北区一宮1043

 - 吉備路史跡めぐり, 岡山市北区