岡山に住んでるけど質問ある?

岡山に関するアレと関しないコレ

*

いずし散歩に出かけてみたけど質問ある?③

      2014/10/17

2014-10-1070794
いずし散歩に出かけてみたけど質問ある?② の続きです。長年の謎が解けました。ぜひとも最後までご覧ください。
にほんブログ村 岡山(市)情報

今回は「いずしおみくじ」をひいて出たのは「に」で瑞雲寺。
岡山を治めた大名と言えば、宇喜多直家・秀家、池田家が有名ですが、短期間、小早川秀秋が統治しています。
岡山の基礎をつくった宇喜多秀家が関ヶ原の戦いで破れ、論功行賞として岡山藩主となった、小早川秀秋。
その小早川秀秋は、関ヶ原で西軍を裏切って東軍に勝利をもたらしてから、わずか2年とたたずに亡くなっています。

瑞雲寺

瑞雲寺(ずいうんじ)は岡山市北区番町(ばんちょう)の住宅地の一角にひっそりとあります。一般の来訪者がとめれることができるような駐車場はありません。
もともとは満願山成就寺という名前でしたが、小早川秀秋の法号「瑞雲院殿前黄門秀厳日詮大居士」にちなみ瑞雲寺と改称したそうです。
2014-10-1070822その小早川秀秋が眠る菩提寺の瑞雲寺です。

2014-10-1070824残念ながら、小早川秀秋公のお墓は本堂内にあり、本堂は常に閉じられているため、見ることはできません。

2014-10-1070806その代わり瑞雲寺の屋根瓦を見てください。本堂の床下には破損していた屋根瓦があります。

2014-10-1070835瑞雲寺から「出石しろまち工房」に戻る途中に新鶴見橋の手前にあるのが、「天女のコテ絵」

2014-10-1070830

2014-10-1070832「ふしぎな看板」
オバケのQ太郎は、わかります。謎の備長炭の看板。そして営業中となっている散髪屋の看板。
でも、散髪屋は営業していません。

2014-10-1070889次のいずしおみくじは「は」の伊勢神社です。

伊勢神社

2014-10-1070861伊勢神社は岡山市北区番町にあります。通称として、伊勢宮(いせのみや)と呼ばれています。
天照大御神(あまてらすすめかみ)が現在の伊勢神宮に祀られる以前に日本の各地に転々とした時期があり、そのうちの4年間ここで祀られたことがありました。
以来伊勢神宮の元宮(もとみや)として祭祀を続け、備前で最も古い二千有余年社歴を誇る神社とのことです。

2014-10-1070868伊勢神社の境内にいたネコ。どことなく品があると思いませんか?

2014-10-1070898次はのいずしおみくじは「か」の岡山神社です。

岡山神社

2014-10-1070927岡山神社は岡山市北区石関町にあります。今ある岡山城に、もともとはあったのですが、岡山城築城のために現在の場所へ移転しました。岡山神社の歴史も古く860年に創建された歴史ある神社です。
名前も「坂下(さかおり)の社」「岡山大明神」「酒折宮」変遷し、「岡山神社」となったのは明治に入ってからだそうです。
岡山神社秋祭蚤の市に行ってきたけど質問ある?

2014-10-1070915なぜか、行き止まりの鳥居

次のいずしおみくじは、「よ」の中塚銘木店です。

中塚銘木店

2014-10-1080008中塚銘木店は岡山市北区石関町にあります。
2014-10-1080012

2014-10-1080019

次のいずしおみくじは、「と」の登れない階段です。

登れない階段

2014-10-1080600登れない階段は岡山市北区出石町の住宅地の中にあります。右奥にはるのは新鶴見橋です。ミニミラーに近い場所にあります。

2014-10-1080597
2014-10-1080602階段は途中でふさがっており、のぼれません。
なんでも元々は上に事務所があったのですが、家事で燃えてしまい、駐車場になったため、今のカタチになったそうです。

2014-10-1080603こちらは実際に上にある駐車場からの写真です。上からではまったくわかりません。発見したのは学生の方ということですが、よくまあ見つけたものです。出石町を歩いていると、ひょっとしてまだ知られていないスポットが見つかるかもしれません。

2014-10-1080604

次は「ほ」の油掛大黒天

油掛大黒天

2014-10-1080606
油掛大黒天(あぶらかけだいこくてん)は、岡山市北区弓之町にあります。商売繁盛、金運上昇、良縁成就のパワースポットとしてうたわれています。
近くには、いずしおみくじの別のポイントでもある榎木神社が、新鶴見橋に至る道路を渡ると天女のコテ絵があります。
近づくと名前の通り、油のにおいがするのでなんだかお腹がすいてくるのは、私だけでしょうか?
近くに某宗教法人の名前があるので、そちらの宗教のものかと思ってしましたが、もともとは岡山市内の別の場所にあったそうです。それを篤志家の方がその某宗教法人に管理を委託しました。
その方が亡くなったため、詳しい由来はわからないそうですが、この弓之町だけでなく、「油掛大黒天」は、日本各地に10ケ所余りあるそうです。
2014-10-1080607油掛大黒天は、水の代わりに、ごま油をかけます。
そして、ごま油をかけるのは、植物油は今は高価な商品ではありませんが、昔は貴重でパワーの源の植物油をお供えすることで、感謝の意をしめしたという背景があるのではないかと考えられています。
詳しくは日本植物油協会

なるほど、って思いませんか?私は長年、油掛大黒天はなぜ油をかけるのかと思っていましたが、これなら説得力あります。
にほんブログ村 岡山(市)情報

続く

 - いずし散歩, 岡山市北区, 行ってきた